ダウンロード

このサイトはMagic3のWiki機能を主に使用して作成しています。

設定方法/ウィジェット配置

設定方法

対象

フロント画面は画面構成機能(管理機能/画面構成管理)を使って作成します。
ここではウィジェットの詳細な配置方法を示します。

使用方法

特別な配置ブロック

ウィジェットを配置するためのエリアである配置ブロックには、用途が決まっていて配置可能なウィジェットのタイプが限定されてるものがいくつかあります。
ナビゲーションメニュー専用の配置ブロックにはナビゲーションメニュー型のウィジェットを配置します。ナビゲーションメニュー型の対応状況はnavigation.pngのアイコンで表されます。ウィジェットはページローカルでもグローバルでもどちらの設定も可能です。

pagedef34.jpg
 
 

並び順の調整

配置ブロック内でのウィジェットの並び順には、すべてのページで共通して使用される「並び順番号」が振られています。
ウィジェットを移動させたときに「並び順番号」は自動的に決められますが、他のページとの兼ね合いでページを切り替えた場合にうまくウィジェットが並ばないことがあります。その場合は以下のように手作業で修正します。「並び順番号」に使用できる数値は任意の正の整数です。

「並び順番号」は、各ウィジェットの右下に表示されています。

pagedef22.jpg
 
 

「並び順番号」を変更するには、ページメニュー右のボタンから詳細画面を表示させます。

pagedef_1.jpg
 
 

「並び順番号」を変更します。完了後は右上の「戻る」ボタンで画面構成画面に戻ります。

pagedef21.jpg
 

レイアウトモード

配置ブロックが重なって表示されている場合などウィジェットが配置ブロックにうまく移動できない場合はレイアウトモードを使用します。
ウィジェットの位置は、配置ブロックの左上に表示される配置ブロック名に結びついて管理されてます。
レイアウトモード画面上では、表示位置に関係なく配置ブロック名を合わせてウィジェットを配置します。

pagedef33.jpg
 
 

他ページへの移動

ページに配置したウィジェットの設定はウィジェットをページから削除することでシステムから削除されることはありませんが、共通設定画面の項目はウィジェットの削除で削除されます。
共通設定を残したまま他のページに移動するには、ローカルのウィジェットを一旦グローバルに変更して、目的のページ上でグローバルを解除することで行います。

pagedef32.jpg

2018-02-04 (日) 19:49:07 (192d)