ダウンロード

このサイトはMagic3のWiki機能を主に使用して作成しています。

ウィジェット/Wiki-メイン

ウィジェット

Magic3の「Wiki機能」の中核となるウィジェットです。
ウィジェット設定画面では、Wikiページの管理や画面の表示についての設定を行います。

Wiki変換エンジンはPukiWiki1.4.7をベースに大幅に書き直し、Magic3のウィジェットとして動作するようにポーティング(移植)しています。PukiWikiのそのままの感覚でWikiが使用できます。
テンプレートや他のウィジェットと組み合わせることで、オリジナルのPukiWikiから機能やデザイン面で拡張性が向上しています。

以下、PukiWikiからの主な仕様変更点です。

  • 現在ファイルで保存されているWikiページデータ等はすべてDBで管理する
  • plugin拡張機能は、可能な限りそのまま利用できるようにする
  • メインメニュー、履歴メニュー、本文等の部品単位でウィジェット化する
  • ユーザのアクセス制御や機能制限(Magic3のユーザ管理と連携)

フロント画面

wiki_main_front1.jpg
 
 

Wiki編集可能ユーザでのログイン時は、ツールバーが表示されます。

wiki_main_config2.jpg

セキュリティの強化

「Wikiメインウィジェット」は、元々のPukiWiki1.4.7に対して、以下のセキュリティの強化を行っています。

  • パスワードが入力がプレーンテキストでサーバへ送信されているので、MD5変換してサーバに送信するように変更した。
  • POST値、GET値が不正データのチェックなしに変数に取り込まれているので、Magic3の入力値チェック機能を通るようにした。
    不正なデータはMagic3の運用ログ機能で記録されます。(管理機能/運用ログ)

仕様変更点

元々のPukiWikiからMagic3のウィジェット化するために一部仕様変更を行っています。

  • 「cmd」を「wcmd」に変更
    Magic3では既にシステム操作用コマンドとして、URLパラメータの「cmd」を使用しているため、Wiki操作のためのコマンドは「wcmd」に変更しました。

使い方

Wiki機能を使用するには、サンプルデータ「Wikiサイト初期化」(サンプル/サイト構築)を一旦インストールして、テンプレートやウィジェットを変更するのが手軽な手段です。

配置方法

Wikiメインウィジェットは、ページ属性が「wiki」のページに配置します。(ウィジェットの配置)

PukiWikiデータのインポート

既存のPukiWikiサイトのwikiフォルダにあるtext形式のWikiページのインポートが可能です。
文字コードがUTF-8のファイルのみ対応しています。
管理画面の「Wiki管理ーWikiページ一覧」から、アップロードボタンで1ファイルずつアップロードします。

wiki_main_config1.jpg

その他


2017-05-25 (木) 12:42:58 (120d)