ダウンロード

このサイトはMagic3のWiki機能を主に使用して作成しています。

設定方法/ウィジェット表示制御

設定方法

対象

ウィジェットはページに配置して表示されるだけでなく、ページの状態やログインの状態によって自動的に表示、非表示を制御することができます。 ここでは詳細なウィジェットの表示制御方法を示します。

使用方法

ウィジェットの表示制御を行うには、ページに配置したウィジェットの「ウィジェット共通設定画面」の「表示制御」を使用します。
ウィジェットメニューの「タイトル・スタイル調整」から起動します。

config_common6.jpg
 
 

「ウィジェット共通設定画面」のメニューから「その他」ー「表示制御」を選択します。

config_common7.jpg

グローバル属性

赤色で表示されるグローバル属性を設定したウィジェットは、すべてのページを通して透過的に表示されます。

config_common9.jpg
 
 

グローバル属性のウィジェットは「ウィジェット共通設定画面」では以下のようにグローバル属性がオンの状態で表示されます。
デフォルトではすべてのページに表示されますが、特定のページには表示させたくない場合、表示させないページにチェックを入れます。

config_common8.jpg

表示期間

指定した期間だけウィジェットを表示したい場合は表示期間の設定を使用します。

ログイン状況

ユーザのログイン状況によって、ウィジェットの表示、非表示を制御することができます。
「ログイン状況」の「ログイン時のみ表示」や「非ログイン時のみ表示」にチェックを入れると、ウィジェットの表示状態が変わります。
システム管理者がログインしている状態では、フロント画面は以下のように表示されます。

config_common10.jpg

ページ状況

開いている画面がページトップ画面あるいはそれ以外の位置であるかによって、ウィジェットの表示の制御を行うことができます。
ページトップ画面とは、URLのパラメータがページIDのみの場合です。
システム管理者がログインしている状態では、フロント画面は以下のように表示されます。

config_common11.jpg

2018-01-21 (日) 12:22:07 (207d)