更新リスト

2019年 2月 25日 2019年 2月 21日 2019年 1月 19日 2018年 12月 13日 2018年 10月 4日 2018年 10月 3日 2018年 10月 1日 2018年 9月 30日 2018年 9月 20日
更新リスト

ダウンロード

このサイトはMagic3のWiki機能を主に使用して作成しています。

サイト構築/テンプレートカスタマイズ

サイト構築

テンプレートカスタマイズ

テンプレートの中には管理画面からカスタマイズ可能なテンプレートがあります。
設定画面リソース編集の方法があります。

設定画面

いくつかのテンプレートには独自の設定画面が用意されています。設定画面はテンプレート管理画面(管理機能/テンプレート管理)から起動します。

template_custom3.jpg
 
 

bootstrap4_custom

このテンプレートはBootstrap バージョン4仕様のテンプレートです。
設定画面では、Bootstrap4のCSSが生成できる外部のサイトのCSSファイルをインポートしたり、任意のCDNの設定が行えます。

template_custom5.jpg
 
 

https://bootstrap.build/ を利用してみます。
サイトにアクセスし、中央の「Launch Builder」ボタンを押すとCSSファイル作成ツールが起動します。

template_custom1.jpg
 
 

いろいろ設定を変更して、CSSのデザインを決めます。
CSSファイルとして出力するには、右上の「Export」ボタンで、bootstrap.css または bootstrap.min.css ファイルを選択しダウンロードします。

template_custom2.jpg
 
 

「bootstrap4_custom」の設定画面を起動します。
CSSファイルアップロードボタンから先のCSSファイルをアップロードします。設定画面のCSSメニュー上に表示されるので選択して設定を更新します。

template_custom4.jpg

テンプレートがカスタマイズできました。

template_custom6.jpg

リソース編集

いくつかのテンプレートのリソースはサーバ上で編集することができます。以下の編集が行えます。

  • 画像編集
  • CSS生成

編集機能はテンプレート一覧の右端の編集ボタンを使用します。テンプレートの仕様に合わせて編集ボタンが利用可能になります。

templist1.jpg

画像編集

テンプレート内に格納されている背景画像等の画像を変更する機能です。同じタイプ、同じサイズの画像にのみ変更できます。

templist2.jpg
templist3.jpg

CSS生成

テンプレート内にLESS等のCSSビルド用のソース格納されている場合は、ソースファイルを編集してCSSを生成することができます。

templist4.jpg
templist5.jpg

2018-07-21 (土) 10:48:13 (246d)